Moku's インタビュー木を選ぶ人と

Interview

スギだらけの家

設計/有限会社ニュートラル建築研究所
施主/池上様

広い土地に木材の家がおだやかに佇む。庭には、せんだんのジャングルジムや自家菜園、虫たちの住居もあれば、ちょこちょこ歩き回るにわとりも。木材の家にこだわられた自然派の理想とする住まい。家の中は、むき出しの梁を巧みに使いこなした、子育て世代の温かな日常が満ちていました。

自然暮らしを慈しみながら
子育てを楽しむスギだらけの家

新建材ではなく、自然素材の家作りを第一に考えていました。この家には外にも中にも杉がたくさん使われています。
大きな窓からの風通しも良いため、夏もほとんど冷房を使わずに過ごせています。一方、冬は、暖炉の熱で家中が温かく快適。省エネ生活を満喫しています。以前のマンションでは家族みんなが、しもやけになっていましたが、その辛さもなくなりました。むしろ天然木の床に寝ころんでも冷たくありません(笑)。木材は経年劣化もするのですが、それを味わいと思い楽しんでいます。

たくさんの細かな要望を叶えながら法的な問題をクリア
設計士の豊かな経験とアイディアのおかげで、理想の我が家が完成

明るくて風通しの良い家、二階リビング、ハンモックが欲しい、キッチン周りのあれこれなど細かな要望を、松木設計士は全て叶えてくれとても満足しています。
大変だったことは、ここが市街化調整区域の接道無しという難しい条件のため、法的にも新建材なら建築もしやすかったと思いますが、自然素材にこだわったため、いろいろと壁がありましたが、設計士の豊富な知識と経験から、土壁を使うなど私たちの希望に寄り添う形で解決策を提案してくださって、とても感謝しています。

施主/池上さん・有限会社ニュートラル建築研究所にお聞きしました

もくまる

この家の設計ポイントを教えてください。

2階のLDKが希望だったため外断熱の屋根を採用。さらに本棚など、使える場所には、ふんだん木材を使いました。
外壁は、土壁とセットで板張りにしました。これは、接道がないため法的に防火構造の壁が要求された事をきっかけに防火サイディングか土壁かの選択となり施主が自然素材の家を望まれたためです。施主様は木の経年劣化も楽しまれており、今後の暮らし方も楽しみです。

もくまる

家づくりの思い出と想いを教えてください。

市街化調整区域の接道無しという敷地のせいで着工までいくつもの法律をクリアしなければならずかなり時間を要するプロジェクトでしたが、建主さん家族は根気強く協力してくださいました。
設計時はまだ九州にお住まいだったので福岡まで打ち合わせに行ったのがいい思い出です。

スギだらけの家

設計監理:
有限会社ニュートラル建築研究所
施工:
建築工房 望 有限会社
種別:
増築
構造:
木造在来工法
敷地面積:
952.82㎡
延床面積:
147.54㎡(今回建設した棟)
施工:
2019年12月
家族構成:
夫婦+子供3人

Warning: Undefined variable $option in /home/xs714822/plathome-moku.jp/public_html/wp/wp-content/themes/moku/includes/get_interviewList.php on line 12

Moku's インタビュー木を選ぶ人と

Interview

  • 住宅

    廣瀬邸

    無駄のない動線や家事のためのゆとりあるスペース、さらに寛ぎの空間を確保するなど、担当された女性建築士の視点から提案された様々な配慮が行き届いた古民家改修例をご紹介。

  • 非住宅

    いの町立伊野小学校校舎

    美しい天井の肘木工法と見出し建築はアート性も高く、快適性と安全性を兼ね備えた木造校舎のロールモデル。

  • 非住宅

    レストランengawa

    2018年四国建築賞(一般建築部門)優秀賞受賞。木の温もりと中庭で大人がくつろげる空間に。

  • 住宅

    スギだらけの家

    木材の家にこだわられた自然派の理想とする住まい。家の中は、むき出しの梁を巧みに使いこなした、子育て世代の温かな日常が満ちていました。

  • 木製品

    高知県木製品工業連合協同組合理事長 江西様

    高知県木製品工業連合協同組合=木工連は1986年に発足。当時は200社以上が集まっており、その多くは建具や表具家具会社でした。

  • 住宅

    須崎市 堅田邸

    自然素材の心地よさと 設計士の遊び心が豊かな 家族の時間を紡いだ 二世帯が渡り廊下でつながる家

  • 非住宅

    中土佐町久礼の家

    リビングから庭へと続く 一体感が心地よい 家庭でアウトドアを楽しめる家

  • 住宅

    土佐山田の農家改築

    築100年以上の古民家を 家族で暮らす母屋と 納屋を改修したアトリエ

  • 非住宅

    オーベルジュ土佐山

    世界初の木質リゾートホテル 「オーベルジュ土佐山」 自然素材にこだわった建築で非日常を演出

インタビュー一覧を見る

ネットで相談予約はこちら

相談予約はこちから

  • ぷらっとホームMoku

    所在地: 〒783-0086
    高知県南国市緑が丘1丁目1201-5
    営業日時: 月、木〜日曜日(定休日:火、水曜日)
    10:00〜17:00(相談、受付は16時まで)
    連絡先: Tel 088-879-3304
    Mail:deaikan@k-kenmoku.com
  • 運営高知県木材普及推進協会

    所在地: 〒781-0801 高知市小倉町2-8
    一般社団法人高知県木材協会内
    高知県木材普及推進協会事務局
    営業日時: 平日 8:30-17:00