Moku's インタビュー木を選ぶ人と

Interview

世界初の木質リゾートホテル
「オーベルジュ土佐山」
自然素材にこだわった建築で非日常を演出

オーベルジュ土佐山

設計/株式会社 細木建築研究所
施主/土佐山 中川をよくする会
管理委託/株式会社 オリエントホテル高知

10年の歳月をかけて中川地区みんなの思いが一つのカタチに。
地域から誕生した活性化の柱!オーベルジュ土佐山は地域の誇り。

中川という呼び名は久万川、東川、中切の三集落をまとめた名称。オーベルジュ土佐山は、この三集落の活性化の動きから誕生しました。そのため、施主は行政ではなく地域の人というのがユニークな点です。

もともと小学校が統合されるにあたって、住民が集える場所を作ることに端を発し、最終的に宿泊施設の建築へ。そこに至るまでなんと10年。ワークショップを重ねながらオーベルジュが完成しました。ここを中心に、花を植え、蛍を育てるなど美観を守ったり、祭りを盛りあげたり。20年を経てもなお地域活性化の動きは続いています。

オーベルジュ土佐山そのものが一つの景色に。
自然に溶け込む贅沢な感性を呼び起こし、温かな心の交流が生まれる場所に。

「部屋の中にいながらも外にいるような感覚がある」。宿泊客からたびたび寄せられる感想です。自然との一体感を楽しめるオーベルジュ土佐山の魅力はいくつもあります。外観は、25年を経てさらに景色に溶け込みました。一方館内は、ふんだんに使われた杉や檜をはじめ、漆喰、土佐和紙、天然石の床などの自然素材で設えられています。客室につながる通路では、四季の移り変わりをそのまま慈しめます。客室にいながらにして、穏やかな山村の景色も堪能できます。その一つ一つに、自然への優しいまなざしが感じられる設計だと思います。

そして、このオーベルジュが高い評価を受け続ける一番の理由は、地域住民に愛され続けているからだと思います。
指定管理を任されております私どもオリエントホテルグループは、100年続く施設を、地域の皆様と一緒に守り育てております。 メンテナンスにおいても細木先生に相談し、大切にケアをしております。「建物自体は美しい経年劣化をしておりますが、20年以上たっているとは思えない」というお声もあり、私どもの喜びにつながっております。

管理委託/オリエントホテル高知様、設計/細木建築研究所にお聞きしました

もくまる

オーベルジュ土佐山と地域との関わりを教えてください。

友人の紹介で中川地区のワークショップにボランティアで参加したのがきっかけです。集会所を作るという話から、最終的には役場を巻き込んだ一大事業となり、当社が設計を受けることになりました。

この設計には、風土を愛する地域の思いや誇りが散りばめられています。わかりやすいのは、アプローチの水路です。住民の「昔遊んだ水路を取り入れたい」という声から生まれました。この水路は、今も定期的に住民とスタッフが共同で掃除をされており、本当に素晴らしいことと思っています。

もくまる

設計ポイントについて教えてください。

今でこそ、木造ビルが世界中に建築されておりますが、リゾートホテルのような建物で、木造建築を試みたのはオーベルジュ土佐山が世界初と認識しています。

当時は、ホテルと言えば鉄筋コンクリートのビルがドンと建つのが一般的でした。しかしそれでは趣も何もないと考えたことから、山肌に沿う分棟というアイディアが生まれました。館内の梁をむき出しにする手法も、当時は画期的でしたが、私たちの属する土佐派の考え方が由来です。

使用した材料も、できるかぎり自然素材にこだわりました。本物は古くなりません。いかに美しく古びさせるかが大切です。これは木造建築において重要なポイントです。設計においても雨仕舞などの配慮が施されています。本物を使うことが逆に非日常を彩ることにつながったと思います。

もくまる

木造の非住宅施設を検討されている方へのメッセージをお願いします。

木造建築は、鉄骨に比べ、リラックスした空間になるのは、誰もが感じるところでしょう。そして、規模にもよりますが、鉄骨よりローコストに仕上がることもあります。  高知県には木造に精通する設計士がたくさんいるので、自分にあった建築士を選んでみてください。

オーベルジュ土佐山

所在地:
高知市土佐山東川
主要用途:
宿泊施設
建築主:
土佐山村
設計者:
株式会社 細木建築研究所
施主者:
大旺建設 株式会社
敷地面積:
6540.48㎡
建築面積:
1484.09㎡
延床面積:
1階2009.84㎡ 2階1123.18㎡
階数:
地上2階

Warning: Undefined variable $option in /home/xs714822/plathome-moku.jp/public_html/wp/wp-content/themes/moku/includes/get_interviewList.php on line 12

Moku's インタビュー木を選ぶ人と

Interview

  • 住宅

    廣瀬邸

    無駄のない動線や家事のためのゆとりあるスペース、さらに寛ぎの空間を確保するなど、担当された女性建築士の視点から提案された様々な配慮が行き届いた古民家改修例をご紹介。

  • 非住宅

    いの町立伊野小学校校舎

    美しい天井の肘木工法と見出し建築はアート性も高く、快適性と安全性を兼ね備えた木造校舎のロールモデル。

  • 非住宅

    レストランengawa

    2018年四国建築賞(一般建築部門)優秀賞受賞。木の温もりと中庭で大人がくつろげる空間に。

  • 住宅

    スギだらけの家

    木材の家にこだわられた自然派の理想とする住まい。家の中は、むき出しの梁を巧みに使いこなした、子育て世代の温かな日常が満ちていました。

  • 木製品

    高知県木製品工業連合協同組合理事長 江西様

    高知県木製品工業連合協同組合=木工連は1986年に発足。当時は200社以上が集まっており、その多くは建具や表具家具会社でした。

  • 住宅

    須崎市 堅田邸

    自然素材の心地よさと 設計士の遊び心が豊かな 家族の時間を紡いだ 二世帯が渡り廊下でつながる家

  • 非住宅

    中土佐町久礼の家

    リビングから庭へと続く 一体感が心地よい 家庭でアウトドアを楽しめる家

  • 住宅

    土佐山田の農家改築

    築100年以上の古民家を 家族で暮らす母屋と 納屋を改修したアトリエ

  • 非住宅

    オーベルジュ土佐山

    世界初の木質リゾートホテル 「オーベルジュ土佐山」 自然素材にこだわった建築で非日常を演出

インタビュー一覧を見る

ネットで相談予約はこちら

相談予約はこちから

  • ぷらっとホームMoku

    所在地: 〒783-0086
    高知県南国市緑が丘1丁目1201-5
    営業日時: 月、木〜日曜日(定休日:火、水曜日)
    10:00〜17:00(相談、受付は16時まで)
    連絡先: Tel 088-879-3304
    Mail:deaikan@k-kenmoku.com
  • 運営高知県木材普及推進協会

    所在地: 〒781-0801 高知市小倉町2-8
    一般社団法人高知県木材協会内
    高知県木材普及推進協会事務局
    営業日時: 平日 8:30-17:00