高知県森連会館/鈴江章宏建築設計事務所

工事種別
新築・木造 ※復数選択式?
主要用途
事務所施設
工法
在来軸組工法・CLT
耐火種別
準耐火建築物
建築主
香美市
設計者
ふつう合班(鈴江章宏建築設計事務所+界設計室+○ケンチクジムショ)
施工者
株式会社岸之上工務店
敷地面積
4195.98㎡
建築面積
759.54㎡
延床面積
1209.73㎡
階数
2階㎡
最高高さ
9.55m
軒高さ
7.9m

PRポイント

 木造2階建の準耐火建築物です。シンプルで、プロトタイプとなる建築を心がけながら、木の力強さや優しさの表現、質実剛健な空間を目指しました。そしてCLT材の持つ構造材、耐火材、仕上材という3つの性質を活かした計画とし、わかりやく見せる、伝えるデザインとしました。構造は、馴染みのある木造在来軸組工法にCLTを組み合わせた工法とし、壁・床・屋根の構面材にCLTを使用しました。また、CLTの壁は燃焼試験を行い、準耐火構造の認定を取得することで、現しでの使用を実現しました。
 プランはエントランスホールを中心に、東に事務所ゾーン、西に会議室・倉庫・水回りゾーンを配置し、利用者にわかりやすく、構造的にもバランスのとれた計画です。エントランスホールはこの建築の大きな役割の一つであるCLTのショールーム的な空間です。南面の大開口部より光を取り入れた吹き抜け空間にCLTの壁が立ち上がる印象的な空間としました。素材感、厚みとその積層された断面木口を見せるデザインとしています。